ほったらかし投資のすすめ

ポンコツ勤め人のななしと申します。初心者投資家。つみたてNISA、WealthNaviの実績を公開しています。ほったらかしで運用中

投資信託の仕組みとは、投資信託ってどんなもの??

   この記事では、投資信託の仕組みについて僕が学んだこと、概要や代表的な資産などを何度かに分けて紹介したいと思います。

 

   投資信託商品といっても数多くの商品がありますよね!僕みたいな初心者は下手をすると、言われるがままに商品を買ってしまって、失敗した。なーんてことにならないように、勉強していきたいと思います!!

 

1.投資信託の概要

そもそも、投資信託は投資をしている人から集めたお金をひとつにまとめ、運用のプロが株式、債券、リート(不動産)などの有価証券に投資をして運用されます。その結果得られた収益は、分配金や償還金として投資をした人が出したお金の額に応じて配分されます。

 

2.投資の代表的な資産

有価証券の代表格といえば、債券と株式ですが、その特性はことなります。債券は国や企業が資金を借り入れる際発行される証券、例えば借用書みたいな感じですね。最初に約束されていた利子が支払われ、市場において値段が変動します。

株式はというと、株主になる権利があり事業から収益をもとに配当が払われ、市場において値段が変動します。また、リートは不動産などを運用するという考え方ですね。

海外に投資をする場合は価格変動とともに、為替の動きも影響します。

 

3.投資信託の仕組み

投資信託の仕組みとは僕たちお金を払う人を投資家といい。投資家が販売会社にお金を入金し、販売会社はそのお金をひとまとめにします。まとめたお金は運用会社に入金され、プロ、いわゆる投資の専門家が投資先を決定します。運用会社からの指示に従い資産を買うのが受託会社です。最終的に受託会社が債券や株式、リートなどに分散投資をします。

これだけ、商品を買うのに手間がかかると手数料、信託報酬などをとらないとやっていけないんでしょうね。


  代表的な資産も国内、海外でも変わってきますし、どの資産にどれくらいの割合で投資するのかもファンドによりさまざです。ただ、仕組みとしては。簡単にいうと、個人で大きなお金は投資できないけど、みんなで力を合わせて投資していきましょう!商品はプロにアドバイスもらいながら、コツコツ投資しようじゃないですか!って感じですかね。(あくまで、個人的な意見です。)

次回は代表的な資産がどういったものなのか、1つずつご紹介していきたいと思います。