ほったらかし投資のすすめ

ポンコツ勤め人のななしと申します。初心者投資家。つみたてNISA、WealthNaviの実績を公開しています。ほったらかしで運用中

投資信託の商品のリスクとは?初心者メモ

   こんにちは。ポンコツ勤め人ななしです!この記事では、僕初心者投資家が勉強した基本的な知識を数回に分けてご紹介します。

   今回は投資信託の商品のリスクとはどんなものがあるのか?勉強してみました。

f:id:nanasi36925:20180804182347p:image

○そもそもリスクとは?

   リスクと聞くとみなさんは、なにを思い浮かべますか?僕は危険なこと。だと思ってしまっていました。しかし、投資信託において、リスクとは=危険ではないんです!投資信託を行う際のリスクとは危険だ!損をするぞ!という意味ではありません。リスクとは収入の振れ幅の大きさのことをいいます。ですから、投資を行った際に、期待以上の収益を得ることもあれば、予想に反して損をして損をしてしまう可能性もあるよという意味です。よく言われるのは、高いリターンが期待できる商品ほど、リスクも高くなる。みなさん聞いたことがあるんじゃないでしょうか!

リスクとリターンは表裏一体です。リスクが大きければリターンが大きい俗にいうハイリスクハイリターン、リスクが小さいものほどローリスクローリターンという傾向があります。

 

○投資信託に関連するリスク

   では、投資信託の商品はどのような価格のリスクを持っているのか?代表的な要因は例えば、

1インフレリスク

物価の上昇によってお金の価値が減ってしまうリスク

2為替変動リスク

外国為替相場の変動によって、外貨建資産の円換算での資産価値が変動すること。

3金利変動リスク

金利が変動することで、債券の価格が上がったり、下がったり変動するリスクのこと。

4信用リスク

株式や債券を発行する企業や国が何らかの理由でその債務を約束どうり履行できなくなる可能性のこと。

5カントリーリスク

投資の対象としている国の政策の変更や政治、経済環境の変化により発生するリスクのこと。

 

代表的なリスクだけでも投資信託にはたくさんのリスクがあります。投資信託を保有する上で大切なことは、自分の投資の目的はなんなのか。投資の期間はいつまでなのか。投資に関する知識はどれくらいあるのか。など自分自信がどの程度のリスクを許容できるか、また、リスクをとるべきなのかをしっかり確認することが大切です。

 

○まとめ

   投資信託を保有するうえで、リスクとは切っても切れない間柄です。ですので、自分が持っている商品はどのような特性をもっているのかしっかりと把握して、リスクと上手に付き合っていければ投資信託はとても魅力的なパートナーになってくれるのではないかなぁと思います!

 

  次回は、投資信託の運用方法などを勉強したいと思います!今インデックス投資が人気が高いですが、そもそもインデックスって?ところからポンコツななしは勉強しなければ、って感じなので頑張って勉強していきたいと思います( ^ω^ )