ほったらかし投資のすすめ

ポンコツ勤め人のななしと申します。初心者投資家。つみたてNISA、WealthNaviの実績を公開しています。ほったらかしで運用中

投資信託の運用方法とはどんな種類のものがあるのか。初心者用

   どうも!ななしです!今回この記事では、投資信託商品の運用の手法や運用形態について僕が勉強したことを書いていきたいと思います。

   投資信託を始めるときに、アクティブ運用やインデックス運用などという言葉がよく聞かれます。アクティブファンドは危ない。であるとか、インデックス投資は安全。などさまざまな情報がありますが、そもそも、アクティブ?インデックス?なんなの?普段は使わない用語ですよね!僕もさっぱりわかりませんでした!ですので、簡単にご紹介したいと思います。

○投資信託の運用手法

アクティブ運用

   資産運用においてアクティブとは、積極的なという意味で使われます。あらかじめ決められている運用指標である市場指数を上回る運用成果を目指すことを意味します!日本では日経平均や、TOPIX東証株価指数といわれるものなどが使われていますね。

メリットは運用会社の膨大な情報を分析してだした銘柄の選択力やファンドマネジャーといわれる人の運用のセンスなどで銘柄が選ばれ、積極的な値上がりを目指すスタイルといったところでしょうか。

インデックス運用

   日経平均やTOPIXなどの市場に連動する動きを目指すスタイルで連動するということで、インデックスといわれている運用手法です!パッシブ運用などともいわれ、パッシブは英語で消極的なとの意味です。メリットは運用のコストを低く抑えることできることや、基準価額の動きがわかりやすいことがあげられます。日経やTOPIXに連動するようにとのことなので、もちろん日経平均が上がれば資産が増える。下がれば資産が減るといったわかりやすい動きをしてくれるスタイルですね!

 

○投資信託の運用形態

ファミリーファンド方式

   ひとつの運用会社のいくつかのファンドの資金をまとめて運用する合同運用方式。まとめて運用することで別々に運用するよりも運用の効率化や規模のメリットが期待できる。ファミリーファンド方式においてはマザーファンド、ベビーファンドという考え方があります。マザーファンドとは複数のファンドから集めた資金をまとめて運用するファンド。ベビーファンドとは僕たち投資家が実際に投資する個別ファンドのことです。個別ファンドは資金の全部または一部を合同ファンドに投資します。株式や債券などへの投資は、個別ファンドに代わって合同ファンドで行なっています。

ファンド・オブ・ファンズ

   複数のファンドに投資するファンド、ファンドパッケージのことをいいます。運用会社が、一般に販売されているファンドの中からある方針に基づいて選んだファンドに投資をする運用形態です。

 

まとめ

  アクティブ運用、インデックス運用ともにメリット、デメリットがあることがわかりました。ファミリーファンド方式では確定拠出年金や変額年金保険をとうして一般的なファンドに投資できるようにしていたり、ファンドオブファンズでは同じファンドをいくつか組み合わせることで個別ファンドにはない効果を期待できるとのこと!普通に生活していたら、ほとんど使うことないですね!!